広島原爆の日-死んだ女の子

シェアはこちらから↓

(付記2010年12月20日)
「原爆 死んだ女の子」で検索してこのエントリーに訪れる方がたくさんいらっしゃるのですが、
「死んだ女の子」については

長崎原爆の日-「死んだ女の子」を探して

に詳細がまとめてあります。


死んだ女の子

作詞:ナーズム・ヒクメット 日本語詞:飯塚広

作曲:木下航二

1 とびらをたたくのはあたし

あなたの胸にひびくでしょう

小さな声が聞こえるでしょう

あたしの姿は見えないの

2 十年前の夏の朝

あたしはヒロシマで死んだ

そのまま六つの女の子

いつまでたっても六つなの

3 あたしの髪に火がついて

目と手がやけてしまったの

あたしは冷たい灰になり

風で遠くへとびちった

(間奏)

4 あたしは何にもいらないの

誰にも抱いてもらえないの

紙切れのように燃えた子は

おいしいお菓子も食べられない

さっきYoutubeを見ていたら、今日アップロードされたばかりのこの歌があった。
注2012年8月6日この曲は音質的にクオリティの高いバージョンはアップされてもすぐ消されてしまうようです。
歌声喫茶で歌われているものに動画を差し替えました。)

 

元ちとせ+坂本龍一の同名曲もあるけど、そっちは坂本龍一の独特の美意識に基づいたアレンジがよくないのか、外山雄三の曲がよくないのか、いまいち「歌」としての曲のパワーに欠けると思う。(元ちとせは好きなシンガーなんだけど・・)

この歌は、小学生の修学旅行の時に、

バスガイドさんに覚えさせられた。

その後、音楽の授業でもやった。

僕らの学校は、長崎への修学旅行だったので、

2番の歌詞は「あたしはナガサキで死んだ」だった。


長崎国際文化会館の原爆資料室(長崎原爆資料館の旧館)で見た、

大きなパネルに入った無脳症の赤ん坊の写真と、

この歌の印象があまりに鮮烈で、

この歌や写真の残像のトラウマが残り、

それからしばらくたっても、暗くなってから誰かがこの歌を歌うと、泣き出す子たちが何人もいた。

(-悲しくて泣いたのではなく、恐怖で泣いたのです。)
 

今は、この歌を修学旅行で覚えさせられることも無くなったし、

無脳症の赤ん坊の写真も取り外されたらしい。

忘れちゃいけないのは、

原爆を落としたのは「日本」じゃなくて「アメリカ」だってことだ。

日本が降伏しないからと言って、大量の一般市民を原爆で虐殺していいわけがない。

僕らはアメリカ文化の洗礼を受け、

小さい頃からアメリカの音楽や映画に夢中だったが、

それは、僕らの矛盾でもある。

これは1945年8月9日、長崎への原爆投下の成功を記者会見で報告しているトルーマンの写真だ。

このうえないほどの満面の笑顔で、数十万の虐殺が成功したことを報告している。

参照↓
70 years ago: Hiroshima and Nagasaki-CBSNEWS

 

 

広島に原爆を投下した米軍B29爆撃機「エノラ・ゲイ」の機長ポール・ティベッツ氏(故人)の息子は5日、CNNテレビに対し、オバマ政権が平和記念式典にルース駐日大使を派遣したことについて、「そうすべきではなかったと思う」と不快感を示した。

 


The following two tabs change content below.
工藤ゴウ(KUDO GO)宮崎県西都市、西南戦争で西郷隆盛が泊まった旅籠屋跡の古い日本家屋で生まれ、以降延岡育ち。 上京後、現在は東京と宮崎市に拠点。 音楽データサービス、WEBデザイン等デジタルコンテンツ制作の仕事を、かれこれ20年以上続けています。