少女時代(SNSD)のキーワード

少女時代(SNSD)の、音楽に関してのお話です。

少女時代(SNSD)は、以前も書いたとおり、
イ・スマンという実に優れたプロデューサー(&実業家)の指揮する、
SMエンターテインメントのタレントで、イスマンズ・チルドレンって呼んでもいいでしょう。
イスマンズ・チルドレンは、他にBoA、東方神起などですね。

さてなぜ、日本でイスマンズ・チルドレンのBoAや東方神起や今回の少女時代(SNSD)が支持されるのか?
音楽プロデュースの面から見てみましょう。

イスマンズ・チルドレンのキーワードは「アジア発R&B/HIPHOPエンターテインメント」です。

90年代以降の世界各国のシングル・チャートは、「R&B/HIPHOP」楽曲が上位を占め、
数年前までの勢いは無くなってきたとはいえ、その傾向は今でも続いています。
でもそういう潮流とまったく関係ない国があって、それが日本です。
日本は、音楽チャートやグローバルな音楽的流行から見ると、ちょっとガラパゴスな国と言えますね。

イ・スマは、日本で勝負をしようとする時に、R&Bテイスト+エンターテインメントというのにかなりこだわってきました。
それは日本では世界に比べて、チャートにおけるR&B楽曲の比重が小さいっていうことに、
気づいていたからでしょう。そこに隙間があったわけですね。

そして日本での90年代R&B歌手というと、宇多田ヒカルにしろUAにしろMISIAにしろBirdにしろ、
歌や楽曲そのものに比重を置いたアーティストで、
踊りなどのパフォーマンスに重きを置いているエンターテイナーではありませんでした。

例外は、安室奈美恵SPEEDぐらいだったんじゃないでしょうか。
今、安室奈美恵がアジア圏を代表するトップ歌姫であるのは、
「アジア発R&B/HIPHOPエンターテインメント」というキーワードと完全に合致するからですね。

少女時代 – GENIE
https://www.youtube.com/watch?v=SFzqgvJS3es

そして安室奈美恵と同じく、BoAも東方神起も今回の少女時代(SNSD)も、
「アジア発R&B/HIPHOPエンターテイナー」という面が大きいのです。

SNSD – Run Devil Run

少女時代(SNSD)は、
日本でのデビューシングル「GENIE」も、ヒット曲「Run Devil Run」も「R&B」です。

このエントリーを読んでくれている、10代のみなさんは、
「普通の8ビートダンスは簡単なんだけど、
R&B/HIPHOPのハネるビートをきっちりリズムに乗って歌い、キレのあるダンスで踊るのは
すっごいむずかしいのよ。」っていうことが、ちゃーんとわかってくれていることでしょうけれど、

たぶん、ルックスや美脚のスケべ心でしか少女時代(SNSD)を見ていない、僕の世代のオッサンたちには、
何の話かわかんないかもなあ・・・・

Please follow and like us:
The following two tabs change content below.
工藤ゴウ(KUDO GO)宮崎県西都市、西南戦争で西郷隆盛が泊まった旅籠屋跡の古い日本家屋で生まれ、以降延岡育ち。 上京後、現在は東京と宮崎市に拠点。 音楽データサービス、WEBデザイン等デジタルコンテンツ制作の仕事を、かれこれ20年以上続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です