80年代のDIVAたち-その1ローラ・ブラニガン

シェアはこちらから↓
僕が80年代によく聞いた女性歌手のなかで
もう亡くなってしまった人が2人いる。
オフラ・ハザローラ・ブラニガンLaura Braniganだ。
2人とも東京音楽祭でグランプリを獲得してるんだよね。
今日はローラ・ブラニガンLaura Braniganのご紹介。

2004年の夏に亡くなってしまったが、
Youtubeのコメント欄には今も世界中から、R.I.P.の言葉が並ぶ。
彼女には、80年代に「グロリア」「ソリテア」「セルフ・コントロール」「Power of Love」
などのヒット曲があった。
なかでも「セルフ・コントロールの世界的ヒットは、印象深かった。

ローラ・ブラニガン「Self Control セルフ・コントロール」1984年は、ビルボードでこそ4位だったが、
ユーロチャート他のヨーロッパ諸国で1位、南アフリカ1位などのアフリカや南米でも大ヒットして、
80年代の世界中のディスコでかかりまくり、演奏されまくった曲だ。

僕は、ディスコのハコバンドの仕事をしている時、
いろんな国の人たちがこの曲が大好きで、楽しそうに踊っていたのを思い出す。
この曲をレパートリーにしている、そういうハコバンの女性シンガー達も(韓国歌手やフィリピン歌手など)
たくさんいた。

PVが名作で、1984年日本にMTVが上陸した頃の、ナンバーワンセクシー系PVではなかろうか。
あまりにもセクシーすぎるという理由で、アメリカで一時期放送禁止扱いになったが、
放送禁止解除後1985年のアメリカンミュージックアワードでは、
フェイバリット・ポップ/ロック女性ビデオに選ばれた。
MTVが世界中にすごい勢いで浸透していった頃で、そういう時代背景も、
このバージョンが世界中でヒットした大きな要因なのだろう。

ローラ・ブラニガンは、歌手にならなければ、
オリンピックの水泳選手になっていたというスポーツウーマンだった。
日本人好みの可愛らしいという感じではなかったが、鍛え上げられたボディーがとてもセクシーだったなあ。

Self Control – Laura Branigan (HQ Audio)

セルフ・コントロールは、ダンスナンバーとして、本当によくできている曲で、今聞いても感心する。
80年代前半に一世を風靡した、エレクトロニック・ダンスミュージックなのだが、
(元々はユーロビート・イタロディスコでオリジナルはイタリアのRAFというアーティスト。
カバーバージョンも数十ある。)
シンセやシーケンスフレーズに彩られた音の中で、
ギターがいわゆる人間的なノリを演出する。
派手なギターソロなんてまったく無いのだけれど、演奏するのが楽しかった。
最初とラストのディストーションリフ、途中のクリーンな音でのカッティング、
Wo Wo Wohと男声コーラスを入れて、その後のディストーションパワーコード一発。
気持よかったなあ。

さてもう一曲。
後に94年になってセリーヌ・ディオンが歌って、
ビルボード1位の大ヒットとなった「Power of Love」(オリジナルはJennifer Rush84年)。
ローラ・ブラニガンのバージョン(87年)が、いちばん好きだという人もいらっしゃることでしょう。

The following two tabs change content below.
工藤ゴウ(KUDO GO)宮崎県西都市、西南戦争で西郷隆盛が泊まった旅籠屋跡の古い日本家屋で生まれ、以降延岡育ち。 上京後、現在は東京と宮崎市に拠点。 音楽データサービス、WEBデザイン等デジタルコンテンツ制作の仕事を、かれこれ20年以上続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.