80年代のDIVAたち-その3アニー・レノックス(ユーリズミックス)

シェアはこちらから↓

そのものずばり「DIVA」というソロアルバムを、昔リリースしたことのあるアニー・レノックス
80年代から現在に至るまでの、すべての女性ブルーアイドソウルシンガーの中で、
最高峰に位置するシンガーの一人と言ってもいいのではないでしょうか。
数字のほうも素晴らしく、ユーリズミックス時代とソロになってからの彼女が、
今までに世界で売り上げたアルバムの数は実に8500万枚に達します。

今大ヒットしているわけではありませんが、最近アニー・レノックス
クリスマスアルバムをリリースしました。
「Annie Lennox・A Christmas Cornucopia」がそれです。

このアルバムは、30人編成のオーケストラとアフリカの子供たちの合唱団との共演など、
時間をかけて、世界中のいろいろな場所でレコーディングされたもので、
アニーの歌唱原体験という、子供時代から歌った、
それほど有名ではないキャロルを中心に収録されており、
サンタコスプレ有名曲ばかりの、普通の企画物クリスマスアルバムとは、
一味も二味も違う仕上がりになっています。

いわゆるティータイムに聴くような、耳当たりのよい普通のクリスマスアルバムとは、
ちょっとコンセプトが違うということですね。
(アニーは12月25日生まれで、クリスマスに対する思い入れには特別なものがあると考えられます。)

BBCのレビュー

Blogcriticsのレビュー

 

さて、このアルバムの中から、ユニバーサルチャイルド
他はカバー曲ですが、これはアニーのオリジナル曲。
アフリカにおけるHIV /エイズの危機に対する基金のためのチャリティー曲です。
アニーは英国音楽史上特筆すべき優れたシンガー&アーティストであると同時に、
女性の地位向上や子どもの命を救うための、政治的・社会的活動家としても有名です。

この曲は、最近ゲストとして、アメリカン・アイドルでもやったので、
その映像は、そのうちYoutubeでも見ることができるでしょう。

Annie Lennox – Universal Child

ユーリズミックスアニー・レノックスを語る時の最重要曲は、
Sweet Dreams (Are Made of This)ではないでしょうか。
80年代を代表するヒット曲のひとつで、1983年ビルボードチャートで1位を獲得した名曲です。
2003年のRolling Stone ‘s The 500 Greatest Songs of All Time issue inにも選ばれました。
(僕はこの500曲リストを、仕事時も音楽をプライベートに語る時も、すごく重宝しています。)

マリリン・マンソンにカバーされ、
ブリトニー・スピアーズの2007年アルバムの日本用ボーナストラックとして使われ、
ツアーナンバーとしてPink!などにもカバーされるなど、
世界中のいろいろな国々のアーティストに山ほどカバーされ、
リフが実にカッコいいので、数多くのサンプリングネタにされてきました。

 

日本ではこの曲より、UKチャートなどで一位になったThere Must Be an Angel 85年
(スティービー・ワンダーがハーモニカを吹いている。)
のほうがもっとずっと有名かもしれなませんね。CMやテレビドラマ挿入曲に何度も使われましたし。
これも確かに名曲で、実に美しい歌メロで、パバロッティなどのカバーもありますが、
もっとはるかに多いカバーがあり、
世界のPOPミュージックシーンに、より大きい影響を与えたのはSweet Dreamsです。

なぜThere Must Be an Angelが日本人好みで、世界的には
Sweet Dreamsのほうがもっと大きい支持があるのかということを考えてみると興味深いですね。
深い分析をしたわけじゃありませんが、たぶん日本人は「歌メロ」志向「カラオケ」志向で、
Sweet Dreamsのようなリフの素晴らしさ・面白さでできている曲を、
それほど重視しない人が多いのだと思います。

この曲は、ビデオクリップも80年代の傑作と言われています。
宝塚の男役のような性別不明なイメージのアニー・レノックスのビジュアルは、
大きいインパクトを与えました。

Eurythmics – Sweet Dreams (Are Made Of This)

アメリカン・アイドル2008年のスペシャルゲストで歌った
Many river to cross
アメリカン・アイドルはアニー・レノックスを何度もスペシャルゲストに呼んでいますが、
それはやはり、彼女が今も輝きを失わない素晴らしいシンガーだからでしょう。

この曲はジミー・クリフ作の超名曲で、
ものすごくたくさんのカバーがありますが、
日本では超有名曲というわけではありません。これもちょっと不思議ですね。

Annie Lennox Many Rivers to Cross American Idol Gives Back 2008
https://www.youtube.com/watch?v=nN-jNmzSTok

The following two tabs change content below.
工藤ゴウ(KUDO GO)宮崎県西都市、西南戦争で西郷隆盛が泊まった旅籠屋跡の古い日本家屋で生まれ、以降延岡育ち。 上京後、現在は東京と宮崎市に拠点。 音楽データサービス、WEBデザイン等デジタルコンテンツ制作の仕事を、かれこれ20年以上続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です