Year Of The Cat-その2「今年はホントに猫年」

シェアはこちらから↓

ベトナムのホロスコープ(占星術)によれば、
今年2011年がまさに「猫年」だそうです。

ベトナムホロスコープのページ(英語)
https://www.vietnamonline.com/culture/vietnamese-zodiac.html

ベトナム「猫年」について
https://www.vietnamonline.com/culture/cat-zodiac-in-2012.html

ベトナムは旧暦で正月を祝いますから、
猫年の始まる正月休日は、まだ一ヶ月先ですが。。。。

(チベットやタイやベラルーシでも十二支に「猫」があります。↓)
http://www.eto12.com/junishi03.html

catyear

ベトナムの十二支は

ネズミの年
丑年
寅年
猫の年
龍の年
巳年
馬の年
ヤギの年
申年
酉年
犬の年
亥年

Wiki十二支には
「ベトナムでは丑は水牛、卯は猫、未は山羊、亥は豚に変わる。」
と書いてあります。

Wiki英語のChinese astrology(中国占星術)の項にも書かれていますね。
http://en.wikipedia.org/wiki/Chinese_astrology
「In Vietnam the rabbit is replaced by the cat.
ベトナムでは、ウサギが猫に置き換えられる」

Wiki仏語のページには、こう書いてあります。
卯年=猫やウサギ
酉年=鶏やフェニックス
亥年=豚やイノシシやクマ

これは僕は、知らなかったですね。
ご存じの方いらっしゃいましたか?

今まで「猫はネズミにだまされて、一日遅れでお釈迦様のところに行ったので、十二支に入れなかった。」
という説話が、どこの国の十二支にも通用するお話だと思っていました。

もし、僕と同じように初めてこのことを知った方がいらっしゃいましたら、
周りのみなさんに「ベトナムでは、今年は猫年なんだよ」ってウンチク語ってくださいね。

アル・スチュアートはどうやらこのことを知っていたようです。

というのは、この曲がレコーディングされたのは1976年で、
1975年が「猫年(卯年)だったからです。
75年に作った曲なのでしょうね。
つまり、1月1日エントリーの

この実際は存在しない「猫年」に主人公が(タイムスリップしてか)迷い込んだ

という僕の解釈は誤りですね。
僕が1月1日に書いた解釈より、ずっとリアルな歌詞だったわけです。

今日はオリジナルバージョンで聞いてください。
Al Stewart – Year of the Cat (with lyrics)

The following two tabs change content below.
工藤ゴウ(KUDO GO)宮崎県西都市、西南戦争で西郷隆盛が泊まった旅籠屋跡の古い日本家屋で生まれ、以降延岡育ち。 上京後、現在は東京と宮崎市に拠点。 音楽データサービス、WEBデザイン等デジタルコンテンツ制作の仕事を、かれこれ20年以上続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です