BUMP OF CHICKEN「宇宙飛行士への手紙/モーターサイクル」

BUMP OF CHICKEN『宇宙飛行士への手紙/モーターサイクル』シングルが
オリコンデイリーチャート3日連続一位です。
BUMP OF CHICKENは去年末ぐらいから、
ハイペースでシングルをリリースし続けていますが、
そのすべての作品がハイクオリティで、今回のシングルも実に素晴らしいです。
これらの作品に襟を正して向かい合おうと思います。 Read more “BUMP OF CHICKEN「宇宙飛行士への手紙/モーターサイクル」”

今日はジミ・ヘンドリックス40周忌

今日は、ロックギター史における最大のアイコン、
ジミ・ヘンドリックスの40周忌ということで、
世界中で記事になっている。

なぜジミ・ヘンドリックスは今も重要なのか
http://seattletimes.nwsource.com/

さまざまな有名ミュージシャンの語るジミヘンへの敬意
http://www.signonsandiego.com/
キースリチャーズ、スティング、トレイシーチャップマン、ジョージ・ベンソンなどなど

今週末シアトルでの追悼イベントのお知らせ
http://seattletimes.nwsource.com/

ジミがどんな人物だったか(性格など-脆さがあったという指摘)
http://www.vanityfair.com/ Read more “今日はジミ・ヘンドリックス40周忌”

ショッキング・ブルーとアース&ファイアー

8月18日エルビス・オンステージの頃 というエントリーで、
映画音楽中心のランキングだったユアヒットパレードチャートから見た、71年のことを書きましたが、
オールジャパンポップ20のほうの70年~71年チャートを見てみると、
無視しちゃいけないバンドがあることに気づきます。

ショッキング・ブルーアース・アンド・ファイアーです。

いわゆるダッチサウンドと呼ばれたオランダのバンドで、(注)
この時期にこの2つのオランダのバンドの曲が、何曲も日本のポップス・チャート上位にあったということは、
日本の洋楽史において、なかなか珍しいことでした。

これはもちろん、
ショッキング・ブルーのビーナス」がビルボードで1970年2月に1位を獲得したことから始まります。
ショッキング・ブルーは、アメリカでは、「ビーナス」のみのヒットに終わりましたが、
この大ヒットから数年間、日本ではとても人気があって、来日公演をやりライブインジャパンのアルバムも出ました。 Read more “ショッキング・ブルーとアース&ファイアー”

エルビス・オン・ステージの頃

昨日、エルビス命日「ローソク集会」のことを書きましたが、
ファンによるこのキャンドルサービスは、命日の恒例行事です。

さて僕らの世代にとってのエルビスは、エルビス・オン・ステージのエルビスではないでしょうか。
(1970年以降数年間に中学に入学した世代-それ以前の世代とは明確に違っている部分があると思います)
Read more “エルビス・オン・ステージの頃”

エルビス命日について-世界のニュース

昨日8月16日がエルビスの命日だったということで、
世界中のメディアがエルビスのことを報道しています。
(リンクを貼ってあるので、エルビスファンはどうぞオリジナルソースを見てください。)

ビートルズとボビー・ヘブ

ビートルズ「赤盤・青盤」復刻世界同時発売とのことだ。僕らの世代がいちばんビートルズを聞いたのは、まさに、この赤盤・青盤だったなあ。

こちら

中学高校時代、ビートルズのアルバムの貸し借りをするときは、ほとんどこの赤盤・青盤だった。 Read more “ビートルズとボビー・ヘブ”