立教大学キャンパスが舞台の名曲「鈴懸の径-すずかけのみち」

今週、池袋で何度か打ち合わせがあり感じたのですが、池袋(豊島区)は、公園や緑が少ないですね。
緑が少ないと、喉が乾きます。緑に彩られた校舎の立教大学とその周りだけが、オアシスのように美しいです。
Read more “立教大学キャンパスが舞台の名曲「鈴懸の径-すずかけのみち」”

白木秀雄

写真は、神宮前交差点(原宿ラフォーレ前)、向こう側ピンクの建物はZARA原宿店。明治通りを挟んだ隣のビルから撮った風景。

戦後ジャズ界の大スターだったドラマー白木秀雄氏は、女優・水谷八重子(当時は良重)さんとの離婚後しばらく、このすぐ近くに住んでいたそうだ。 白木秀雄氏のアルバムをこの数ヶ月、ヘビーローテーションで聞いている。
Read more “白木秀雄”

ダーク・ダックス、デューク・エイセス、ボニー・ジャックスと「歌はともだち」

昔々うちにダーク・ダックスのLPレコードがあって、物心ついた頃から時折聞いていた。
箱根八里(箱根の山は天下の険-現在は学校で教える歌から外れているらしい)の
アカペラから始まるアルバムだったと記憶しているが、昔のことだからあんまりよくは覚えていない。

1950年代の日本に、本格的な男声カルテットがいくつも生まれ、
中でもダークダックス、デュークエイセス、ボニージャックスは、
日本における3大男声カルテットとして親しまれてきた。 Read more “ダーク・ダックス、デューク・エイセス、ボニー・ジャックスと「歌はともだち」”

長崎原爆の日-「死んだ女の子」を探して

オバマ政権が平和記念式典にルース駐日大使を派遣したことを
「エノラゲイ」機長の息子が不快だと言ったことについて、
まだまだ怒りが収まらない今朝の気分なのだけれども・・・・
(注1)

6日に書いた「死んだ女の子」について
いろいろなバージョンがあることで、
混同されている方があまりにも多いようなので、まとめておきたい。

オリジナルはナームズ・ヒクメットというトルコ文学を代表する世界的詩人の詩
原題小さな女の子
1955年。
この名作「詩」は各国語に翻訳され、数々の曲がつけられた。

ナームズ・ヒクメットについて
Read more “長崎原爆の日-「死んだ女の子」を探して”

広島原爆の日-死んだ女の子

(付記2010年12月20日)
「原爆 死んだ女の子」で検索してこのエントリーに訪れる方がたくさんいらっしゃるのですが、
「死んだ女の子」については

長崎原爆の日-「死んだ女の子」を探して

に詳細がまとめてあります。


死んだ女の子

作詞:ナーズム・ヒクメット 日本語詞:飯塚広

作曲:木下航二

1 とびらをたたくのはあたし

あなたの胸にひびくでしょう

小さな声が聞こえるでしょう

あたしの姿は見えないの Read more “広島原爆の日-死んだ女の子”