ダーク・ダックス、デューク・エイセス、ボニー・ジャックス その2

今日も昨日に続き、3大男声カルテットの話を。

昨日のエントリーを書きながら小さいころを思い出したのだが、
僕がブラック・ミュージックを聞き出したきっかけは、
3大男声カルテット(特にデューク・エイセス)の唱う黒人霊歌(ニグロ・スピリチュアルズ)だったことに気がついた。 Read more “ダーク・ダックス、デューク・エイセス、ボニー・ジャックス その2”

ダーク・ダックス、デューク・エイセス、ボニー・ジャックスと「歌はともだち」

昔々うちにダーク・ダックスのLPレコードがあって、物心ついた頃から時折聞いていた。
箱根八里(箱根の山は天下の険-現在は学校で教える歌から外れているらしい)の
アカペラから始まるアルバムだったと記憶しているが、昔のことだからあんまりよくは覚えていない。

1950年代の日本に、本格的な男声カルテットがいくつも生まれ、
中でもダークダックス、デュークエイセス、ボニージャックスは、
日本における3大男声カルテットとして親しまれてきた。 Read more “ダーク・ダックス、デューク・エイセス、ボニー・ジャックスと「歌はともだち」”

60年代の「みんなのうた」から

60年代のNHK「みんなのうた」から
3曲のご紹介をしますね。
「みんなのうた」ファンの皆さまは、もうとっくにご存知でしょうが、
「みんなのうた」については下記のサイトが有名です。↓
みんなのうた缶
思い出の「みんなのうた」 Read more “60年代の「みんなのうた」から”