共同条理の原理の嘘って何?尾崎豊バースナイト

11月29日は、尾崎豊の誕生日だ。

僕が何年かまえに尾崎豊の最後のマネージャーだった大楽光太郎さんとよく会っていた頃、
(大楽さんは、ベストセラー「誰が尾崎豊を殺したか」の著者)
大楽さんは尾崎の残した歌の歌詞について、尾崎以外の他者が解釈することに対して少し否定的だったが、
僕は逆で、どんどん語るべきだと思っている。
表現者が残したものについて議論することや歌い継ぐことが、
さらにその表現物の価値を高めてゆくと思うからだ。
そして、語られることや歌い継がれることのなくなったものは、歴史に忘却されてゆく。

ということで尾崎の残した作品の中で最も難解と言われる「Love Way」の、
「共同条理の原理の嘘」についての僕なりの解釈をしてみたい。
Read more “共同条理の原理の嘘って何?尾崎豊バースナイト”

成海璃子の選ぶ日本のロックと町田町蔵(康)の話

成海璃子の選ぶレコード・コレクターズ増刊
日本のロック/フォーク・アルバム・ベスト100(1960-1989)
私のベスト10
があまりにもオッサン臭いというので、話題になってる。 Read more “成海璃子の選ぶ日本のロックと町田町蔵(康)の話”

BUMP OF CHICKEN「宇宙飛行士への手紙/モーターサイクル」

BUMP OF CHICKEN『宇宙飛行士への手紙/モーターサイクル』シングルが
オリコンデイリーチャート3日連続一位です。
BUMP OF CHICKENは去年末ぐらいから、
ハイペースでシングルをリリースし続けていますが、
そのすべての作品がハイクオリティで、今回のシングルも実に素晴らしいです。
これらの作品に襟を正して向かい合おうと思います。 Read more “BUMP OF CHICKEN「宇宙飛行士への手紙/モーターサイクル」”

「だれも知らない小さな国」付記

さっき児童文学に詳しい友人と電話で話していたら、
「今の日本の児童文学会は日教組系左翼が牛耳っていて、
ファンタジー文学の先駆者である宮沢賢治や佐藤さとるに対しては、ちょっと不当な評価になってる。」みたいなことを言っていた。本当かどうかは知らないが、気になったのでちょっと調べてみた。
これはメモなので、興味の無い方は読み飛ばしてください。
Read more “「だれも知らない小さな国」付記”