共同条理の原理の嘘って何?尾崎豊バースナイト

11月29日は、尾崎豊の誕生日だ。

僕が何年かまえに尾崎豊の最後のマネージャーだった大楽光太郎さんとよく会っていた頃、
(大楽さんは、ベストセラー「誰が尾崎豊を殺したか」の著者)
大楽さんは尾崎の残した歌の歌詞について、尾崎以外の他者が解釈することに対して少し否定的だったが、
僕は逆で、どんどん語るべきだと思っている。
表現者が残したものについて議論することや歌い継ぐことが、
さらにその表現物の価値を高めてゆくと思うからだ。
そして、語られることや歌い継がれることのなくなったものは、歴史に忘却されてゆく。

ということで尾崎の残した作品の中で最も難解と言われる「Love Way」の、
「共同条理の原理の嘘」についての僕なりの解釈をしてみたい。
Read more “共同条理の原理の嘘って何?尾崎豊バースナイト”

60年代の「みんなのうた」から

60年代のNHK「みんなのうた」から
3曲のご紹介をしますね。
「みんなのうた」ファンの皆さまは、もうとっくにご存知でしょうが、
「みんなのうた」については下記のサイトが有名です。↓
みんなのうた缶
思い出の「みんなのうた」 Read more “60年代の「みんなのうた」から”

BUMP OF CHICKEN「宇宙飛行士への手紙/モーターサイクル」

BUMP OF CHICKEN『宇宙飛行士への手紙/モーターサイクル』シングルが
オリコンデイリーチャート3日連続一位です。
BUMP OF CHICKENは去年末ぐらいから、
ハイペースでシングルをリリースし続けていますが、
そのすべての作品がハイクオリティで、今回のシングルも実に素晴らしいです。
これらの作品に襟を正して向かい合おうと思います。 Read more “BUMP OF CHICKEN「宇宙飛行士への手紙/モーターサイクル」”

長崎原爆の日-「死んだ女の子」を探して

オバマ政権が平和記念式典にルース駐日大使を派遣したことを
「エノラゲイ」機長の息子が不快だと言ったことについて、
まだまだ怒りが収まらない今朝の気分なのだけれども・・・・
(注1)

6日に書いた「死んだ女の子」について
いろいろなバージョンがあることで、
混同されている方があまりにも多いようなので、まとめておきたい。

オリジナルはナームズ・ヒクメットというトルコ文学を代表する世界的詩人の詩
原題小さな女の子
1955年。
この名作「詩」は各国語に翻訳され、数々の曲がつけられた。

ナームズ・ヒクメットについて
Read more “長崎原爆の日-「死んだ女の子」を探して”