「15の夜」の舞台になった練馬区向山3丁目の向山公園

「15の夜」の舞台になった、練馬区向山3丁目の向山公園です。向山3丁目は「城南住宅」と呼ばれる高級住宅街のある、閑静な住宅地区です。
「15の夜」の歌詞についてはいくつか説があるようですが、私が尾崎豊公式サイトを運営していた時に、「天国の尾崎へ」掲示板で「15の夜メンバー」の皆さんが語っていた話によると・・・ Read more “「15の夜」の舞台になった練馬区向山3丁目の向山公園”

4月25日尾崎豊20回忌「核-CORE-」

今日は、尾崎豊の20回忌だ。

僕は尾崎と、直接のつながりは無いのだが、
一時期毎年、尾崎の命日には、
狭山湖畔霊園 にお参りに行っていた。

真夜中に誰もいないだろうと思って行ったら、
ワゴンでやってきているグループと、その知り合いたちが、
アコースティックギターで一晩中尾崎の曲を歌っていて、
尾崎を失ったその日から、止まってしまった時間を、 Read more “4月25日尾崎豊20回忌「核-CORE-」”

共同条理の原理の嘘って何?尾崎豊バースナイト

11月29日は、尾崎豊の誕生日だ。

僕が何年かまえに尾崎豊の最後のマネージャーだった大楽光太郎さんとよく会っていた頃、
(大楽さんは、ベストセラー「誰が尾崎豊を殺したか」の著者)
大楽さんは尾崎の残した歌の歌詞について、尾崎以外の他者が解釈することに対して少し否定的だったが、
僕は逆で、どんどん語るべきだと思っている。
表現者が残したものについて議論することや歌い継ぐことが、
さらにその表現物の価値を高めてゆくと思うからだ。
そして、語られることや歌い継がれることのなくなったものは、歴史に忘却されてゆく。

ということで尾崎の残した作品の中で最も難解と言われる「Love Way」の、
「共同条理の原理の嘘」についての僕なりの解釈をしてみたい。
Read more “共同条理の原理の嘘って何?尾崎豊バースナイト”