涙に濡れた豆満江(눈물젖은 두만강)

動画は、韓国で大衆歌手として初めて文化勲章を受け国民歌手と言われた、キム・チョング(김정구1916年 7月15日〜1998年 9月25日)の素晴らしい歌唱「涙に濡れた豆満江눈물젖은 두만강 (1987)」
朝鮮半島産演歌(韓国では演歌のことをトロットと呼ぶ)の代表曲のひとつだ。81年には、韓国人が好きな歌謡アンケートでナンバーワンとなった。

僕は昔よく韓国系のハコ仕事で、(日本人でありながら)この曲を演奏していた。オールドコリアンはこの曲が大好きだ。
しかし今の20代以下の世代は、本国のコリアン達もそれほどよく知らないのではないだろうか。 Read more “涙に濡れた豆満江(눈물젖은 두만강)”

吉屋潤の想い出②~金正日の愛唱した名曲「離別(이별イビョル)」

昨日のお昼からずっと、「金正日死去」のニュースが流れていますね。

世界激動の2011年の年の瀬、このニュースが世界中で流れていることで、さまざまな思いが胸を去来します。
僕は、金正日の関わった軍事的行動、特に「大韓航空機爆破事件」などのテロや「日本人拉致」には憤りを覚えますが、
今日書くのはそういう政治的な話ではありません。

金正日の一番好きだった曲は、僕の親父みたいな存在でもあった故吉屋潤(キロギュン / 길옥윤)先生・作詞作曲の
「イビョル(離別)」だったそうです。
「イビョル」金正日が、パーティなどで自ら歌う時の十八番の曲だったと言われています。

韓国・日本・台湾・中国それぞれでカバーされ、英語バージョンもあり、
広く愛唱されている、東アジア圏の大衆歌謡を代表する曲でもあります。 Read more “吉屋潤の想い出②~金正日の愛唱した名曲「離別(이별イビョル)」”

70-80年代の韓国名バラード集2

송골매 ソンゴルメ SongGolMae (隼)
모두다 사랑하리(モドゥダサランハリ すべてを愛してる)
(1982年)ソンゴルメは80年代韓国でもっとも人気のあったグループサウンド。
80年代末の頃まで、韓国ではロックバンドのことをグループサウンドと言っていた。
(日本の60年代GSグループサウンズの語が伝播したと考えられる。)
Read more “70-80年代の韓国名バラード集2”

70-80年代の韓国名バラード集1

先週町田町蔵のことを書いたら、昔の知り合いから連絡があり、
あの頃のことをいろいろ思い出したのだけど、
今週はたいへん忙しいので、思い出話をそのうち書きます。
(「続き書きます」って書いて、ほったらかしにしてるエントリーのなんと多いことよ。)
中国と日本の問題についても書きたい。でもしばらくまとまった時間が取れそうにありませんわ。

今日は韓国の70-80年代の名バラードを何曲かご紹介します。

Read more “70-80年代の韓国名バラード集1”

AKBと少女時代(SNSD)・KARAのファン層の違い

AKB48は、デビュー当初男性ファンばかりで、
最近女性ファンも増えてきたとはいえ、
いまだに男性80%、女性20%ぐらいのファン分布だ。おニャン子クラブ以来、日本の女性ガールグループといえば、
大半が育成型アイドルで、
その完成形がAKBだと言える。
「アマチュアに近かった同級生みたいなアイドルが、デビューし成長していく様子をファンが見守り一緒に成長していく。」
というコンセプトだ。 Read more “AKBと少女時代(SNSD)・KARAのファン層の違い”

少女時代(SNSD)のキーワード

少女時代(SNSD)の、音楽に関してのお話です。

少女時代(SNSD)は、以前も書いたとおり、
イ・スマンという実に優れたプロデューサー(&実業家)の指揮する、
SMエンターテインメントのタレントで、イスマンズ・チルドレンって呼んでもいいでしょう。
イスマンズ・チルドレンは、他にBoA、東方神起などですね。

さてなぜ、日本でイスマンズ・チルドレンのBoAや東方神起や今回の少女時代(SNSD)が支持されるのか?
音楽プロデュースの面から見てみましょう。 Read more “少女時代(SNSD)のキーワード”