ほぼ予想通り。第55回グラミー賞主要4部門。

第55回グラミー賞、ほぼ私が予想したとおりの結果となりました。
●「最優秀アルバム賞」マムフォード&サンズ『Babel』
●「最優秀レコード賞」ゴティエfeaturingキンブラ『Somebody That I Used To Know』
●「最優秀楽曲賞」ファン.featuringジャネール・モネイ『We Are Young』
●「最優秀新人賞」ファン. Read more “ほぼ予想通り。第55回グラミー賞主要4部門。”

直前!第55回グラミー賞の主要4部門を予想

2月11日(日本時間)に迫ってきた第55回グラミー賞の主要4部門を予想。今年は予想がすっごく難しいので願望をこめて。

①最優秀アルバム部門はこの曲「I Will Wait」を演っているマムフォード・アンド・サンズMumford & Sons『バベル』。素晴らしいフォークロック・バンドです。僕がブログで2年ぐらいまえから書いていた「加工されていない音楽の復権」というキーワードを強く感じさせるバンドです。
Read more “直前!第55回グラミー賞の主要4部門を予想”

4月28日付け全米アルバムチャートで、ライオネル・リッチーがサプライズの1位。

アメリカ最新アルバムチャート情報を。
2012年4月28日付け全米アルバムチャートは、ライオネル・リッチーのアルバム「タスキーギTuskegee」がサプライズの1位。
ライオネル・リッチーにとっては、26年ぶりの全米アルバム1位獲得ということで話題だ。 Read more “4月28日付け全米アルバムチャートで、ライオネル・リッチーがサプライズの1位。”

4月14日付け全米アルバムチャートは、マドンナ「MDNA」がトップ。2位はライオネル・リッチー。

アメリカ最新アルバムチャート情報を。
2012年4月14日付けビルボード全米アルバムチャートは、クイーン・オブ・ポップ、マドンナの新譜「MDNA」がトップ。
2位ライオネル・リッチー新作「Tuskegee」とベテラン勢健在。
お化けアルバム3位アデル「21」はいまだに12万枚以上を売り上げています。 Read more “4月14日付け全米アルバムチャートは、マドンナ「MDNA」がトップ。2位はライオネル・リッチー。”

フレディ命日-QUEENは昔、山口市でLIVEをやった。

今日11月24日は、フレディ・マーキュリーが亡くなって、もう20年目の日。
QUEENは、フレディ・マーキュリー生前時のデモ音源発売を正式に発表している。
マイケル・ジャクソンとのコラボ曲もあるとか。

79年にQUEENは当時の山口県立体育館(現:山口情報芸術センターYCAM)でライブをやっている。
「JAZZ」を出して油が乗っていた頃の「LIVE・KILLERツアーズ」
前日が九電体育館で、次の日たった総人口10万の山口市でのライブ。 Read more “フレディ命日-QUEENは昔、山口市でLIVEをやった。”

8月6日付全米アルバムチャートは、アデル返り咲き。エイミー・ワインハウス追悼。

2011年8月6日付全米アルバムチャートは、
ADELE「21」が1位(断続的に11週目)に返り咲き。
23日に亡くなってしまったエイミー・ワインハウス
代表的(と言ってもオリジナルアルバムは2枚しかないわけですが)アルバム「BACK TO BLACK」が9位に再浮上。 Read more “8月6日付全米アルバムチャートは、アデル返り咲き。エイミー・ワインハウス追悼。”

2011年度グラミー賞雑感

昨日発表のグラミー賞
主要4部門は

最優秀レコード 「ニード・ユー・ナウ ~いま君を愛してる」レディ・アンテベラム
最優秀アルバム 「ザ・サバーブス」アーケード・ファイア
最優秀楽曲   「ニード・ユー・ナウ ~いま君を愛してる」レディ・アンテベラム
最優秀新人賞  エスペランサ・スポルディング

もっとも重要なのは上の2部門 Read more “2011年度グラミー賞雑感”

ゲイリー・ムーア追悼

ゲイリー・ムーアが亡くなった。

ゲイリー・ムーアの、同じフレーズを高速で繰り返すラン奏法は昔よく真似した。
ゲイリー・ムーアがギターの師匠だったよっていうギタリストは、
日本全国に山のようにいるはずだ。
速弾きだけじゃなく、音の表情のつけかたも、ピッキングの正確さも粒立ちも、
美しいビブラートもチョーキングも
すべてがお師匠さんだったよなあ。 Read more “ゲイリー・ムーア追悼”

全米2010年間シングルチャート1位はKe$haケシャ2位レディ・アンテベラム3位Train4位ケイティ・ペリー

ビルボードの発表した2010全米年間シングルチャート・ベストテンは、

1位.「TIK TOK」ケシャ Ke$ha
2位.「NEED YOU NOW」レディ・アンテベラム Lady Antebellum
3位.「HEY, SOUL SISTER」トレイン Train
4位.「CALIFORNIA GURLS」ケイティ・ペリー Katy Perry (Featuring Snoop Dogg)
5位.「OMG」アッシャー Usher(Featuring will.i.am) Read more “全米2010年間シングルチャート1位はKe$haケシャ2位レディ・アンテベラム3位Train4位ケイティ・ペリー”

80年代のDIVAたち-その3アニー・レノックス(ユーリズミックス)

そのものずばり「DIVA」というソロアルバムを、昔リリースしたことのあるアニー・レノックス
80年代から現在に至るまでの、すべての女性ブルーアイドソウルシンガーの中で、
最高峰に位置するシンガーの一人と言ってもいいのではないでしょうか。
数字のほうも素晴らしく、ユーリズミックス時代とソロになってからの彼女が、
今までに世界で売り上げたアルバムの数は実に8500万枚に達します。
Read more “80年代のDIVAたち-その3アニー・レノックス(ユーリズミックス)”